目のクマ

目のクマができてしまう原因

 

目のクマができてしまう原因は、目のまわりの血液のうっ滞です。長時間、目を酷使すると血液の循環が悪くなります。睡眠不足や疲労、冷え、ストレスなどで目の周りの血流が悪くなると、目の下にクマができてしまいます。血液の循環が悪くなると、酸素不足から目の下がどす黒くなります。特に目の周りは皮膚が薄いので、変化がすぐに出てきます。色素沈着も目のクマの大きな原因になります。長年、アイシャドーやアイラインなどのメイクをしていると、化粧品の成分が沈着することになり、皮膚の色が変わってきます。日焼けや炎症で色素沈着が起こることもあります。小ジワや目の下のふくらみも、目のクマの原因になります。長時間パソコンでのデスクワークをしていると、目が疲れてきて目の下がふくらんだりします。目の下のふくらみの影は、クマのように見えます。また、目のまわりに小ジワが多い人は、クマができているように見えます。目元のハリや弾力が不足すると、目のクマの原因になるので注意しないといけません。シワやたるみは、目のクマを助長することになり、目立たせることになります。

 

目のクマの消し方


2015/12/16 18:11:16 |

 

にきびができる原因として考えられることは、さまざまあります。思春期にはおでこから鼻部分を指すTゾーンといわれる、皮脂分泌の多いところにできやすいです。過剰な皮脂分泌によって毛穴が塞がり、雑菌が繁殖することによっておこります。また、大人になってからできるものは、ホルモンバランスや食事の偏食などが影響することがありますが、正しいスキンケア方法で改善することがあります。大人になってからできるにきびは、古い角質が蓄積されることが原因となっていることが多いからです。通常、肌はターンオーバー、新陳代謝を繰り返し、新しい細胞が皮膚の下から表面に上がり、古いものは角質となって剥がれ落ちます。その肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が蓄積され、毛穴をふさいでしまうことによって、菌が繁殖するのです。

 

ターンオーバーを正常化させるには、肌を紫外線から守り、乾燥させないことが重要です。そして、洗顔の刺激をできるだけ与えないようにすることも大切です。にきびの原因となるアクネ菌に対応する洗顔料を使用するのも効果的です。洗顔料をしっかりと泡立て、指でマッサージするように汚れを落とします。ごしごし肌をこすらないよう洗顔した後は、乾燥しないようにたっぷりと保湿します。乾燥肌はターンオーバーの乱れを引き起こすからです。

 

おでこのしわ